地球の熱源などについて授業をしていました

地球などについて研究をしました。地球の主な熱源は、地殻やマントルを構成する岩石にあるウラン、トリウムなどの放散性同位体のナチュラル潰滅にともなうエナジーと、地球深部のエネルギーな原点であると考えられています。地殻エナジー流量の実測は、地殻エナジー流量=地中急増温%×エナジー伝導%だ。海域では海底の堆積層消息筋の地中急増温%を測定し、また堆積層を採集してそのエナジー伝導%を測ります。W(ワット)は、本業%の単位だ。1秒間位1J(ジュール)の本業%を1Wといいます。同位身体は、原子ナンバーが同じで質量通算がことなる元素だ。放射線を出しながら他の安定な元素に変化するものを放散性同位身体といいます。かんらん岩は、かんらん石や輝石を大勢組み込む岩石だ。地球内部の姿を直接確かめることはできませんが、17世紀にニュートンの間からさまざまな推測がなされてきました。20世紀に地震主流を利用しての創造がすすむにつれ、地球内部の姿も徐々に明らかになってきました。至極勉強になりました。